トラの知恵

資産運用とは?初心者におすすめの運用方法やポイントを詳しく

給与や退職金の水準が低下する中、個人の資産運用の重要性が高まっています。しかし、資産運用という言葉を聞いたことはあっても、具体的に何をするべきか分からない人も多いでしょう。そこで初心者向けに、資産運用の方法とポイントを簡単に解説します。

 

資産運用を分かりやすく言うと?

資産運用とは、個人や企業が自らの資産を増やすために、貯金したり投資したりすることを言います。銀行にお金を預けている人は多く見られますが、それだけではなかなかお金は増えません。貯金も資産運用の一種ではありますが、重要なのはお金を増やすための工夫をすることです。

お金に働いてもらうこと

資産運用を「お金に働いてもらうこと」と、定義している人も少なくありません。お金は金融機関に預けたり、金融商品を購入したりすることで増やせます。資産を増やすための原資がお金であるため、お金に働いてもらうと表現しているわけです。

従来、日本人はお金を銀行に預けておく傾向があることを知っている人は多いでしょう。日本が高度成長を遂げていた頃は、金融機関の金利が高かったため、お金を預けておくだけで毎年資産が増えている状態でした。

しかし、近年は金融機関の金利は低く、お金を預けていてもほとんど増えない状況が続いています。金融機関への預金も立派な資産運用ではありますが、今後はもっと積極的にお金を働かせて資産を増やしていく必要があるでしょう。

投資との違い

資産運用と投資を同じ意味で使っている人も多いようですが、もともと両者は意味合いの異なる用語です。資産運用は金銭や不動産などの資産を活用して財産を増やすことを言い、投資はビジネスや証券などに資金を投じてリターンを得る行為です。

投資も広義では資産運用の範囲ではあるものの、資産運用は自分の資産を安全に増やすことを目的としているため、投資よりもリスクを分散させる方法を取る傾向にあります。

投資・資産形成との違い

資産運用と資産形成を混同している人も少なくありません。資産形成とは、自らの資産を作っていく過程を示す概念であり、まとまった金銭を持つことを意味する場合もあります。その前提には労働による収入があり、働いてお金を得ることで資産を得るというニュアンスが含まれています。

一方、資産運用は既存の資産を働かせて増やすことであり、原資は金銭や不動産などです。銀行による預金も資産運用の一種ではありますが、主に金融商品や不動産への投資によって資産を増やすことを指します。

 

資産運用を始める前にやるべきこと

資産運用を始める前にやっておくべきことを説明します。無計画に資産を運用しようとしても、なかなかうまくはいかないでしょう。ライフプランを明確にしていなければ、将来の支出に備えておくことができず、必要なときに十分な資金がないという事態にもなりかねません。

以下のポイントを意識しながら、自分のライフステージと起こり得るイベント、その際に必要なお金について見通しを立てておきましょう。

いつ、いくら必要になるか計画を立てる

多くの人は、日々の生活にどの程度のお金が必要か、おおよその金額を認識しているものです。しかし、毎日の生活とは別に、人生の要所要所でまとまったお金が必要になる場合があります。

例えば、結婚や出産、住宅や車の購入など、一人ひとり違ったタイミングでライフイベントが発生するはずです。仕事をリタイアした後の生活費も考えなければいけません。そういった将来必要になるお金について、今のうちからどれぐらいの金額になるか、できるだけ明確にしておくことが大切です。

資産運用は、まず現在の収入や資産状況を正確に把握することからスタートします。そこから将来のライフイベントに備えて、どの程度の資産が必要となるか、大体の目安を立てるようにしましょう。

リスクについて理解する

資産運用では、ある程度のリスクを許容しなければいけません。投資家のようにリスクの高いビジネスや株式などにお金を入れる必要はありませんが、購入した金融商品が元本割れしてしまったり、債権が経営破綻などにより回収できなくなったりする可能性はあります。

日本円以外の商品に投資した場合は、為替変動によって資産価値が減ってしまうこともあるでしょう。さまざまな要因によって、想定したリターンを得られない可能性があることは、しっかりと認識しておく必要があります。リスクを許容した上で、できるだけ堅実にリターンを得られる運用法を模索することが大切です。

予算や期間、目標とする利回りを決める

資産運用のための予算や投資期間、目標とする利回りも決めておきましょう。利回りとは投資した金額に対して得られる、利息を含めた年間収益の割合です。

初めにいくら投資するのか、毎月いくら積み立てに回すのかを決め、目標金額に達成するまでの期間を明らかにします。それをもとに必要な運用利回りを算出しましょう。

利回りが大きいほどリスクも大きくなるので、自分が許容できるリスクと積立期間とのバランスを取ることが大切です。うまく投資先を分散して、リスクを軽減しましょう。詳しい内容については後述しますが、初心者の場合、まずはインデックスファンドなどに投資することをおすすめします。

 

元本割れしにくい低リスクの運用方法

資産運用にリスクは付きものですが、できるだけ元本割れしにくい低リスクの運用を続けることが大切です。さまざまな投資先や金融商品がある中で、以下のものは特にリスクの低い運用法として知られています。

普通預金より高金利の「定期預金」

近年、普通預金は金利がほとんどつきませんが、より高金利の定期預金を利用する方法があります。定期預金は2年後あるいは3年後など、設定した満期に至るまで引き出しできないのが原則です。しかし、ほぼゼロ金利の普通預金に比べて、預入れの年数が長くなればなるほど、金利が高くなります。

他の金融商品に比べると金利は低くなりますが、ほぼノーリスクで安全に資金の運用が可能です。

「個人向け国債」や「地方債」の購入

個人向けの国債や地方債も低リスクで投資できる対象です。国債は国が発行している債権で、個人向けのものは3年・5年・10年の三つの期間から購入対象を選択できます。

発行1年後から換金が可能で、途中で売却してしまっても元本分は保証されます。特に日本の国債は信用が高く、一部不安視する声はあるものの、かなりの低リスクで運用が可能です。

一方、地方債は各地の地方公共団体が発行している債権で、県や市の財政不足を補うために発行されます。原則、固定金利で半年ごとに利息が支払われ、償還期間は2~10年程度です。国債に比べてデフォルトのリスクはあるものの、他の金融商品に比べると圧倒的に低リスクで運用できます。

ただし、国債のように満期前の償還はできません。自由に売却できないものがほとんどなので、その点は注意しましょう。

「貯蓄型保険」への加入

保険の中には、契約期間の満了時に一定の保険金が支払われたり、解約時に払戻金を受け取れたりする「貯蓄型保険」と呼ばれる商品があります。いわゆる掛け捨て型ではないため、通常の保険のように病気などに備えた保障として利用しつつ、資産運用にも活用できます。

ただし、他の保険に比べると掛け金が高く、保険会社が保険料を運用する際の利回りも、他の金融商品に比べて高くはありません。元本割れはしづらいですが、より高い運用益を求めるならば、投資信託などを利用した方がよいでしょう。

 

初心者でも気軽に始められる資産運用は?

初心者でも気軽に始められる資産運用には、どのようなものがあるか紹介します。上記のように定期預金や国債の購入なども資産運用の選択肢に入りますが、リスクと運用益のバランスが最も取れているのがインデックスファンドです。

コツコツ積み立てる、インデックスファンド

インデックスファンドとは、株価指数などの指標と連動した運用をする投資信託です。例えば、日経平均株価やニューヨークダウなどの株式指数と呼ばれるもの、あるいはNOMURA-BPI総合やFTSE日本国債インデックスなどの債権指数などが、指標として活用されています。

幅広い銘柄に分散して投資することでリスクヘッジ(リスク分散)になり、証券会社の運用担当者が株式や債券などの投資先の割合を決定するアクティブファンドに比べて、安いコストで購入できるのがメリットです。100円から始められる投資信託もあり、初心者が気軽に始める場合に最適です。

毎日の買い物のおつりで投資する、トラノコ

近年は、数百円から初める少額投資が流行しており、自動で投資できるアプリも数多く存在します。その中でも、「トラノコ」は買い物をして受け取った「おつり(買い物金額の端数)」を、そのまま投資できるアプリとして注目を集めています。

月額利用料の300円は固定で、投資額が大きくなればなるほど、相対的にコストを安くできるのが特徴です。買い物のおつりを分散投資できるため、なかなか投資にお金を回せないという人でも、日常生活の中で気軽に投資ができるようになるでしょう。

毎月一度、選択したおつりの合計が、指定した銀行口座から自動で引き落とされる仕組みになっています。

また、動画の視聴やアンケートの回答で、投資に使える専用ポイントがたまることも魅力です。さらに歩数計アプリ「マネーステップ」との併用によって、歩くだけでも投資資金を獲得できます。1ポイントは1円分で、1日1万歩で3ポイント(3円分)、月20万歩で10ポイント(10円分)がたまります。楽しみながら投資ができるため、学生や主婦の方にもおすすめです。

App Store:トラノコ
Google Play:トラノコ

 

まとめ

資産運用とは何か、基本的なところを解説しました。資産運用とは、自らの資産を増やすためにお金を貯蓄したり、投資に回したりすることを言います。普通預金の利息がほとんど期待できない日本の場合、安全に資産を増やすための工夫は欠かせません。

実際の運用にあたっては、まずライフプランを明確にして、予算や期間、目標額をしっかり決めておく必要があります。投資先のリスクもしっかり考慮しましょう。

定期預金や国債の購入など、低リスクで運用できる対象を選択するとともに、インデックスファンドに投資するなどして、安全に資産を運用することが大切です。

関連記事